消費者金融でお金を借りる

こんにちは。

わたしの父親の借金グセについて話したいと思います。

父親は普段はとても温厚です。

身長も158センチと小柄で、非常に痩せています。

年齢は66歳です。

女性のようなスタイルの持ち主です。

いつもは誰に対してもやさしくて、愛嬌のある顔も手伝ってか印象が良いです。

そんな体型の小さい父親ですがやることは大きいです。

離婚を2回しています。

それでも今は彼女がいます。

ギャンブルが大好きで競馬とパチンコとロトを借金するほどやっています。

借り入れの場所も様々で、消費者金融でのお金を借りることから街金、闇金までにのぼります。

こないだはプロミスまで送っていきました。

毎月20日が父親の給料日なんですが、その日は取り立ての電話がひっきりなしです。

朝から晩まで1日中です。

父親も銀行と郵便局への支払いで大忙しです。

一日仕事を休んでの大仕事です。

1日もかかるわけ無いと思うかもしれませんが、わたしの休みのタイミングが合ったときは付き合うのですが、本当に1日かけて支払いをしていますよ。

支払いが終わると美味しいものをご馳走してくれます。

人をもてなすことに関しては「一流」の父親なのです。

だからお金を無くすんだと思いますが、これっばかりは仕方がないです。

これだけ人柄の良い父親もギャンブルをやっているときだけは人が変わってしまいます。

普段は滅多に怒らないのですが、ギャンブルのときだけは気が短いです。

パチンコを打っているときも、目つきがすわっているので話しかけても愛想が悪いです。

気を使って大当たりしたタイミングで声をかけてもダメです。

ギャンブル中だけは話しかけないで欲しいみたいです。

そしてパチンコを打ち終わって換金をすると、いつものやさしい父親に戻ります。

たとえ大負けしてもやさしいです。

全然悔しがってはいません。

わたしはこんな父親を「本物の博打うち」だと思っています。

借金はしますが人からは一切借りないので、しっかりとしたポリシーを持ってやっていると思います。

借金はありますが、わたしの自慢の父親です。

プロミスで初めてのキャッシング

私は20代の会社員なのですが、先日初めて彼女ができました。合コンで知り合い意気投合してつきあい始めたのですが、その彼女の誕生日を一緒に祝うことになりました。 付き合い始めて最初の彼女の誕生日なので気合いを入れて準備しました。レストランの予約も済ませて後はプレゼントを購入するだけになったのですが、ここで問題が発生しました。 今月は車の車検があることをすっかり忘れていたのです。ここで車検の費用を出してしまうとプレゼントを買うことができません。誕生日にプレゼントがないなんてはじめてできた彼女にそんな格好悪いところを見せるわけにはいきません。 お金を何とかしようと思い色々考えた末に思いついたのがキャッシングでした。しかし、キャッシングを利用すると必ず金利がかかります。それほど大きなお金を借りるつもりはなかったのですがなんとか安く済ます方法はないかと調べているとプロミスの30日間無利息というサービスがあることを知りました。これは初めてプロミスを利用する人がプロミスのポイントサービスに申し込めば30日間無利息になるというものです。30日間無利息は無料のサービスなので申し込みをするだけで利用することができるので気軽に利用することができます。 さっそくプロミスのキャッシングを利用しようと思ったのですが、自宅の近くにはプロミスの店舗が見つかりません。電車で30分くらいの街中にはあるのですが、そこまで出かけるのは時間がかかるし面倒です。 そこでプロミスにはネットからキャッシングの申し込みをすることにしました。これを利用すれば自宅にいながらお金を借りることができます。 さっそくスマートフォンを操作して申し込みを済ませるとしばらくしてから無事即日キャッシングをすることができました。 指定した口座の残高をスマートフォンでチェックするとちゃんと振り込みがありました。 こんなに簡単にお金を借りることができるなんてびっくりしました。 彼女へのプレゼントも購入することができ誕生日も無事祝うことができました。 キャッシングしたお金も30日以内に返済したので無利息で済ますことができました。 またお金で困ったことがあったらお世話になりたいと思いました。

レイクで便利なキャッシング

お金が足りなくなってしまったり、やりくりにピンチになった時には、私にとってレイクが非常に心強い味方になってくれています。

レイクを使って良いと感じることは、近所のコンビニから手数料要らずでいつでもお金を引き出したり返済出来るといった利便性が高いことや、非常に大手の会社であることから安心して使えるといったことが気に入っています。

私の家の近くにはセブンイレブンがあるのですが、そこのATMからはなんと24時間年中無休でお金を借り入れることが出来るのです。

本当に安心な出来事ですし、わざわざお店に行かなくても良いということは非常に助かります。

そして、当時アルバイトだった身分の私でもお借入できたことが、レイクを使って本当に嬉しいと感じた点です。

ノーローン審査・貸金業法の改正で変わったこと

2010年の貸金業法の改正で総量規制が導入され、個人のカードローン総額が前年の年収の1/3以内という規制が敷かれました。

その結果、消費者金融会社によっては専業主婦や学生などの収入が無い人や、パート・アルバイト・派遣社員・契約社員などの様に収入が有っても安定した収入と認められない場合は借入を断られる場合が出て来ました。

特に、貸金業法改正以前は消費者金融会社の得意客であった専業主婦やパート主婦の場合は、消費者金融会社によって対応が分かれています。

つまり、収入の無い専業主婦やパート主婦をカードローンから締め出してしまう業者と、融資をする方向で対応する業者に分かれています。

ノーローンでは専業主婦が新たな借入を行う場合、配偶者の同意が必要となっています。

一般的に配偶者貸付と呼ばれている方法で、専業主婦がカードローンを作る場合に配偶者の同意書が求められます。

従って、実質的には専業主婦の信用力でカードローン融資を受けるのではなくて、夫の信用力でカードローン融資を受けることに他なりません。

つまり、ピンチの月に主婦が夫に内緒でやり繰りすることはできなくなり、例え10万円のカードローンであっても夫の承諾を得なければなりません。

これは実質的に専業主婦の借入を大きく制限することになっています。

また、同様の理由で他社借入が有る人やカードローンの総額が前年の年収の1/3に迫っている人は、源泉徴収票や納税証明書などの前年の収入を証明する書類が必要になります。

更に、100万円以上の融資額を希望する場合にも、源泉徴収票や納税証明書などの前年の収入を証明する書類が必要になります。

この改正貸金業法の総量規制は貸金業法で規制される消費者金融会社や信販クレジット会社が対象になりますが、銀行や信用金庫は対象外となっています。

また、消費者金融会社や信販クレジット会社のローンでも、事業者ローンや担保付ローンの場合は対象になりません。

無利息で借りるならプロミスもチェックしときたいですね!

キャッシング利用について

私の母親に聞いてみてところ、過去に何度かアコムでキャッシングをしたことがあるといっていました。

実際キャッシングは緊急事態にしょうがなく使う程度がいい、とのことでした。

キャッシング利用は悪いことではなく、むしろ使うべきときに使えば非常に便利な機能です。

しかし、やはりお金を扱うことではあるので、返済に追われている間は常に精神的に疲れてしまうそうです。

母親は心配性な部分があるので少し極端な例ではあると思いますが自分もなるべく使っていきたくないと思います。

使ったことのない私からの意見としては、きちんと返済プランがたっていれば特に心配することなく使っていいのではないかと思います。

返済プランがなく、パチンコで利益を出してから返せばいいなどのように確実な返済プランがたっていないような人はキャッシング利用には向いていないと思います。

銀行のキャッシングを利用してみて

今回短期間に現金が必要な用事が重なり、手もちの現金が少なくなってしまいました。
そんな時に限ってまた現金が必要なことがありました。
どうにもならなくなり、どこかでお金が借りられないか調べましたら、銀行などでもキャッシングができることが分かりました。

どこの銀行でもキャッシングをやっているようですが早急に借りたかったので、自分が口座を持っている銀行の方が審査が早いと思い、その銀行にキャッシングの申し込みをしました。

ネットで申し込みをし、必要書類を送り、銀行からカードが送られてきます。
私の場合は申し込んでから3日でお金を借りることが出来ました。
今回はその後すぐにお金を返すことが出来たので利息はかさみませんでした。

手軽に借りることが出来て本当によかったです。

キャッシング利用は例外中の例外にしておこう

意外と「今月、あと1万円足りない」なんてことは多いと思います。

次月に返せる目処があれば、キャッシングはとても便利な道具です。「キャッシング」というネーミングも、お金を借りることのハードルを低くしているような気がします。

それなので、つい借りたお金が自分のものであるかのような錯覚に陥り、来月返さなければならないことなどすっかり忘れてしまいます。

怖いのはそれが重なって、便利な道具が逆に生活の重石になってきてしまうこともあるんです。

私はそれで大変苦労をしました。考えてみたら今月苦しければ、来月だって苦しいんですから。

「しょせんは借りたお金、来月にはきっちり耳をそろえて返さなければならないお金」であることを忘れずに、キャッシングは生活の中で例外中の例外という存在にしておくのがよいと思います。

私がよくお世話になるのはアコムやプロミスが多いです。

学費の支払いに利用しました

親の転職の問題で、学費の支払いを自分で行わなければならなかった時、アルバイト代の支給日との兼ね合いでキャッシングを利用したことがありました。大学生だったのであまり知識はありませんでしたが、現金を用立てる方法がそれはか思いつかなかったので、とても助かったという印象を持っています。返済は、バイト代が振り込まれてすぐに行ったので、利息もそれほど払っていない計算になりますが、もしもあのときの数十万円がなかったら、現在の私は存在していないかもしれないと思うと、お金の使い方次第で人生はかなり変わるものなのだと感じています。どうしても現金が必要になるタイミングは、人生において時折あると思うので、手段の一つとして考えて良いのではないでしょうか。

カードローンを利用した感想

私はこの前新しく新車を購入した際にカードローンを利用しました。何社かあった内のできるだけ金利が低い所でお金を借りたいと思い一番低金利の会社を選びました。

私は何回かカードローンを利用した事があるのですが私が利用した事のある会社は今回利用した会社よりも金利が高めだったので返済に少し苦労した経験があったのでしっかりと考えて選びました。

最近はネットで申し込んで審査に通れば、すぐにお金を借りることができるので、とても便利な世の中になってきたなと思いました。

しかしそれだけお金を借りやすくなっているということは安易に借金をしてしまうということなので、借りすぎには注意したほうが良いと思います。

カードローンはうまく利用すればとても有益なものです。

毎日ネットでお小遣い稼ぎ

専業主婦でも自分のお小遣いって欲しいですよね。

よく主人からはだって家計を預かってるから使いたいだけ

使ってるんでしょ。と言われますが、そんなに主婦って使いほうだい使ってないですよね。

ママ友とのランチ代や洋服を買うのだったり、化粧品を買ったり家計からではなく払いたいんです。

なので、私はネットでコツコツお小遣い稼ぎをしています。

ネットでお小遣い稼ぎと聞くと、騙されそうで怖いって言う方もいます。でもそれは、短時間で高額な報酬があるのは怪しいですよ。

私がやっているのはアンケートに回答してポイントを貯めて換金したり、ランサーズのようにしっかりしたサイトに登録して

お仕事したりしています。

本当に毎日コツコツですよ。一日数百円ですが、毎日やることでひと月にすると数千円になります。

そうやってコツコツ貯めたお小遣いだと無駄買いすることもなくなってよかったと思います。